ホーム採用情報職場の声

職場の声

山口 敦さん
仕事の内容は?
 クレーン関係のメンテナンスが中心です。物を移動するのに使用するものの中には、155トンくらいの大きなものもあります。
 工業高校の電気科を卒業したので、経験を生かせるよう、機械関係の仕事に就きたいと思っていました。でも、入社当時はまったく分からないことばかりでしたね。たくさんある機械の部品はもちろん、使う工具の名前さえ分からなかったり。名前だけでなく、種類や用途、どこに置いてあるかなど、まずは物を見て、それをひとつひとつ覚えていくことから始めました。
どんな職場ですか?
 仕事をする上で意識していることは「チームワーク」です。機械が大きいので、各自ばらばらな場所で点検していますが、今誰が何をしているのか、きちんと把握して動くようにしています。
 職人気質の怖そうな人がたくさんいるのかなと思っていましたが、威圧感を感じることなく教えてもらえます。もちろんプロフェッショナルな方はたくさんいますが、堅苦しさは感じませんね。
仕事での失敗談はありますか?
 同じような仕事が重なったとき、一台目の点検はきちんとメモを取りながら仕事をしたのですが、二台目の点検では、メモを取らなかったんです。まったく同じものと錯覚してしまい、一台目のメモを流用すればいいやと思って。
 それでちょっと動かしたときに、自分が思っていたものとまったく逆に動いてしまって。
 何が原因で間違えたのか、そのときはわかりませんでしたが、原因を洗い出し、報告書を突き詰めていくことでやっと分かったんです。
 その時の教訓として、今では、一台一台にきちんと記録を残すようにしています。
小澤 隆明さん
入社のきっかけを教えてください
 実は、学生時代の趣味がサーフィンだったんですよ。サーフィンのできる環境で働きたいと思い、大洗で仕事探しをしていました。
 大洗といえばサーフィン以外にも原子力が有名ですが、原子力の仕事は安定性があると思ったことと、機械学科卒なので、会社名に「機械」がついていたことが決め手でした。
 残念ながら、サーフィンの方は、今はやっていないんですけどね。
どんなお仕事ですか?
 機械だけではなく、配管や電気、時には建物の解体なんかもしたりします。固定の仕事内容ではないので、覚えることがたくさんあり、始めはちょっと難しいなと感じましたが、先輩や上司の方が経験豊富なので、今はその方についていけば何とかなると思っています。
 これといって得意といえるものはないですが、これから見つけてさらに頑張っていきたいと思っています。
メッセージを一言!
 慎重に仕事を選ぶことも大切ですが、とりあえず来てみてください。
 やる前からあれこれ考えるよりも、やってから考えてもいいと思います。まずは経験をしてみてください。
鈴木 信弘さん
仕事の内容は?
 プラントエンジニアで、プラントメンテナンスをしています。設備があってそれを見て保守している、つまり健全に運転できるかどうかを見ています。
 設備を直したり、機械の部品を交換したり、メーカーや地元の企業の発注や手配もしています。客先の機械を預かっているので、機械だけでなく、電気計装など幅広くやっています。
仕事での失敗談はありますか?
 入社して6〜7年目頃、ちょうど仕事にも慣れてきて、何でも分かっちゃったような気になっていたとき、電気部品をショートさせて焼いてしまったんです。20代半ばになって、調子に乗ってくる時期だったんでしょう。
 なんでそうなったか理由を調べて、そこから仕事に対しての意識が変わりました。中途半端な知識で物を触ることが、どれだけ危険なことか。その体験があって、今があります。
嬉しかったエピソードは?
 すごく厳しいお客さんがいて、会社に来たくなくなるくらい、どうすればいいかと思いました。やりすぎと思うところもありましたが、求めるが故、そこまで厳しいんですが。そこで、とにかく過去の記録を読んだり、設備について勉強していたんですが、何年かたって、褒められたことがあったんです。そのときはすごく嬉しかったですね。普段は「こんちくしょう」なんて思っていたのが、実はいい人なのかな?なんて思ったり。
 お客さんに育ててもらったということですね。

※弊社では採用情報掲載にマイナビを利用しています。

メニュー

事業所紹介